ホーム ダンドアについて コンタクト FAQ



セント・ニコラス


セント・ニコラスの祭りは特にフランスの東北地方で有名です。
12 月 6 日が何の日かご存知ですか?ベルギーでは「聖ニコラスの日」です。
ベルギーの子供たちにとっては、とっても重要な楽しみの日です!なぜ ならシンタクラースがプレゼントを持って家にやって来て、プレゼントが貰えるからです。
クリスマスのサンタクロースのお話と似ています。
このシンタクラース(オランダ語、 Sinterklaas)はフランス語ではセント・ニコラス(Saint-Nicolas)と呼ばれており、みなさんがご 存知のサンタクロースの原形です。
後にオランダ人によってこの風習がアメリカへ伝 わり、その後世界中に広まりました・最終的にはコカコーラ社によって現在のサンタクロー スのキャラクターが出来上がったそうです。
ベルギーではシンタクラースはスペインから船で 11 月下旬にやってきて、12 月 6 日(厳密 には 12 月 5 日の夜)に良い子にしていた子供たちの家までプレゼントを届けてくれる。
シンタクラースはロバに乗ってピートというお手伝いの少年を伴っています。
前日に子供たち はベットのそばにニンジン(ロバの餌)と(プレゼ ントを入れて貰う)靴や靴下を用意します。
そして次 の日(聖ニコラスの日)の朝目覚めると、ベットそばにプレ ゼントが置いてあります。
この日子供達はス ぺキュロースなどのお菓子を食べます。
お手 伝いのピートは黒く肌をペイントされており、 この理由は「スペインから来たので肌が浅黒 かった為」や「煙突を通ってプレゼントを家 に運ぶので煙突の灰で黒くなった為」など色 んな逸話があります。
ちなみにシンタクラース のお話は地方によって若干風習や物語が違うそ うです。
シンタクラースのモデルとなったのは実在して いた聖人ニコラスです。
聖人ニコラスは現在のトル コで生まれた 300 年頃の聖人です。
実際に貧しい子供達を救ったりしていたそうです。
この 聖人ニコラスの命日である 12 月 6 日を「聖ニコラスの日」として主に子供達が祝ってもらう様になりま した。
ベルギーでは今でもこの風習は根強く残っており、子供達にとってはクリスマスよりも楽し みな日だそうです。
そして後からやってきたサンタクロースのクリスマスでもプレゼントが もらえるのです!実際にシンタクラースの役をする親は、子供がシンタクラース に向けて書くお手紙(どんなプレゼントが欲しいか等)を参考に子供が欲しいものを準備するのだとか。
フランスのセント・ニコラスの番 地は「1 rue du paradis 0612 CIEL」「天国0612楽園通り1香」。
地域によっては、このイベントを祝う様々な方法がありますが、いつもお菓子とプレゼン トがあります。 ナンシーという町では、祭りは多くの活動で、12 月 6と7 日に行われます。